富士山のまぼろしの滝へ(付 伊奈神社)

雪解富士 山気降りくる沢の陰

(左下に向けて沢を水が落ちるとのこと:写真は河床だけ)

富士山の雪解け水が流れ下り、滝が出現する。5月頃の一時に現れる現象で、人呼んでまぼろしの滝」。友人の誘いにのって出かけてみた。

場所は須走登山口(静岡県小山町須走)から、約20分のところ。須走五合目は標高およそ2000mで、付近のカラマツはまだ葉を出し始めたばかり。ヤマザクラや濃い紫のツツジが咲いている。

天気は上々で御殿場市街地や山中湖が眼下に広がる光景には胸がすく。対峙して見えているのは金時山だろうか。富士山頂は雲が多かったが、時おりさっと霧が流れると、真っ白な頂が顔を出す。残雪の白さが5月の光の中でまばゆいばかりだ。

 

このところ腰痛から右脚のしびれや痛みに悩まされてきた自分にとっては、富士山の20分歩きは、自信が持てなかった。幸いコースは等高線を横に移動するような感じで、厳しい登りもなく、足腰は大丈夫だった。高齢のおばさんたちでも大丈夫なコースなのだ。

 

というところまではいいのだが、肝心の滝はというと・・・無かった

雪解け水が少ないので、途中で地下に浸み込んでしまい、流れてこないのだ。沢は数十mの断崖となり、大きくえぐれて、水が流れたらさぞかし、と思わせる。

この日は小さい水たまりがある程度で、磨かれたような底石がきれいに見えている。先日結構な雨があったので希望が持てたのだが、期待は外れた。観光客も次々に登ってくるが、到着してのぞき込み、みなさん残念がっている。

しかし、家籠りの生活とは別世界の展望が楽しめて、これはこれで十分満足したのだった。

 

下山して、須走地区にある浅間神社伊奈神社を訪ねた。浅間神社世界遺産の一部であり、富士講の碑が林立していて興味深い。

伊奈忠順の像と左端に神社 小山町須走地区)

また、伊奈神社は宝永の噴火で大被害をうけたこの地域を救うため尽力した、関東郡代であった伊奈忠順(ただのぶ)を祀ったもの。須走は降灰が3mに及んだともいわれている。彼は復旧工事を推し進めただけでなく、命を懸けて、駿府米蔵から無断でコメを運び出し、この地の窮民に与えた、とも伝えられている。それがために結局自刃している、という。

神社は実にきれいに整備され、今なお篤く敬われていることが良くわかった。富士山の噴火が話題になるこのごろ、この逸話がもっと知られてもよいだろう。後日また記すことにしたい。

 

 

ニセカラクサケマンでしょうか??

草茂る名前も風も横向きに

 



おや、見かけない花だね?

 

最近、静岡の麻機遊水地がさらに拡張された。まだ雑草の少ない、広々とした水辺の風景は心地よい。そこに見たことのない花を見つけた。

ムラサキケマンが何かおかしく生育してしまったのか?それともヨナクサフジのコドモかなあ、などと考えたが、どうやらそうではない。別種だ。

持ち帰ってネットでいろいろ調べてみたが、はっきりしない。外来種のようだ。

有力なのが、ニセカラクサケマン。もしくは、セイヨウエンゴサク。

いずれもヨーロッパ原産で、ケシ科。

 

セイヨウエンゴサク(西洋延胡索) Fumaria muralis

ニセカラクサケマン(偽唐草華鬘) Fumaria capreolata

 

ネットを見ると、皆さん区別が非常に難しいと書いておられるので、私がちょっと見で判断できるはずがない。もう少し時間をおいてまた調べてみよう。

ともあれ、ぶらぶら見ているだけでも、年に一つ二つの新規の外来種を見つける。

 

そうして感じることは、外来種の和名が、混雑していてわかりにくいことだ。

最近は英語圏の単語が日本語に置き換えずに英語で使われている。特にIT関連の言葉にはその傾向が顕著だ。テレビの話を聞いていてもやたら横文字が登場する。コロナもウイルスもエビデンスも横文字。それがないともう言葉が通用しなくなっている感さえある。園芸の花の世界でも、素直に横文字を表記しているが、その方が格好良さそうで売れるのだろうか。

一方、外来の草の世界では、必死に日本語に置き換えようという努力が感じられる。明治期の日本人の逞しさを彷彿とさせる。が、さて、いつまで続くだろうか?

   (手前に咲くのはキツネアザミ:キク科)

(ニセとかキツネとか、工夫して名をつけて区別している。)

チガヤまたはツバナ

空につづく径浄めたる茅花かな

この季節、チガヤの花穂が真っ白に風になびいて美しい。

白というより光というほうが感覚としては近いかもしれない。俳句ではこの風を「つばなながし」といい、特別扱いしていることでも、この花穂に対する日本人の思い入れが分かろうというものだ。

 

ツバナというのは後年覚えた言葉であって、私は子供の頃チガヤとよんでいたように思う。農道の脇にも堤防にもいくらでも生えていて、農家にとっては手を焼く雑草であったはずで、当然、美しいというような情緒的な視点は少なかった。

 

けれど田舎の子供たちはこの花穂を食べた。半世紀以上前の記憶であり、おぼろげになっているが、確かまだ呆ける前のさやに納まっている若いものを口に入れて噛んであそんだ。草のアクがなく、甘いというかうっすらそんな気がすると言う程度の味だった。けれどしばらく噛んでいると未熟な花穂は次第にガムのようになった。その感触を楽しんだような気がする。

特別に必要に迫られてツバナを噛んだわけではなく、チューインガムなどそうそう手に入らない田舎のこと、子供はスイバでもカタバミでも路傍に生えているちょっとしたものを口に入れた。鬼ごっこしているときも、お使いに行く途中でも、学校帰りの道すがらでも、老若男女ともそんな風に草と付き合っていた。今ではママに叱られるだろう。こんな風習も昭和30年代頃に急減した。(嚙んでガムのようになると言えば、麦はしっかりとガム状になった)

 

チガヤは茅萱と書くが、茅はなぜチとよむのか私には分からない。

漢語でチガヤのことを白茅というところから、このボウとよむべき茅の漢字にチ(またはチガヤ)という訓を当てたらしい。記紀万葉の時代に既にそうした例が多数ある。

松田修氏の「万葉植物親考」では、チは千、血または漢名の茅の音読みの説があるが、茅の音読みが適当だろう、としている。でも茅はチと音読みするのだろうか?疑問である。それよりも数が多いから千で、チの草(かや)とする説あたりが、いかにも平凡で妥当に思える。

茅の花穂がツバナであり、漢字では茅花とも書く。松田氏はチがツに転じたと述べているが、私の当て推量では、もともとチもツもあったのではないか。そしてツバナは唾の菜というような意味合いも持っていたのではないか。

 

そんなこんなを想像しながら、一時ツバナの光の中でうっとりしている。

立夏の白い野草たち

卯の花を挿せば小雨となるやらん

今日は白い花にスポットを当ててやろうと思う。

先ずはウノハナ。といってもこれはバイカウツギで野草と書いたが園芸種かもしれない。微かに香るのも品がいい。

 

でも、わが狭い庭の草たちは、今が盛りと生長し花をつけている。

雑草というにはあまりに健気に思えて、ついつい抜かずにおくので他人には乱雑な風情にみえるだろう。駐車場のセメントの割れた隙間にも草が生え、花をつける。道路との境の隙間にも土がわずかに溜まって、そこにも花が咲く。これが愛おしくて処分をためらう。

そうした中でもマイナーな白い花をつけるものを3,4つ。

 

これは、シロバナユウゲショウアカバナ科)。

大概はピンク色だがたまに白がある。静岡ではこの30年ほどですっかり定着して「普通の」花になってしまった。

 

これはシロバナムシトリナデシコナデシコ科)。

これも河原一面を赤く染める花だが、白も見られる。

 

これはユキノシタユキノシタ科)。

花は白くて沢山咲くとチラチラするのがいい。花弁はいかにも不揃いで、それがまた野の花らしくていい。

 

これはヒメイズイ(キジカクシ科」)

小さいアマドコロ、という意味なのだそうだ。草の中で下を向いているので、しっかり見てやらないと見落としそうだ。アマドコロはもうあっさりと通り過ぎてしまった。

ヒマラヤを単身越えてチベットに密入国した慧海(えかい)

漢(おとこ)らの時代は過ぎ去り五月鯉

慧海が越えたネパール・チベット境のクン・ラ峠(5,411m)

(参考に、稲葉香さんというヒマラヤを探検している女性の本(*2)が出ているので、写真を使わせていただいた。彼女は慧海に刺激を受けて、彼の辿ったルートを歩く追体験をルポしていて、とても興味深く参考になる。)

河口慧海の「チベット旅行記」(白水社 上下)を読んだ。前から気になっていた本でたまたま息子が慧海の話をしたので、読む気を起こしたのだった。息子はカトマンズの大寺院の傍らで慧海を知ったのだそうだ。

 

例によって、通り一遍の読後感想にしかならないが、先ずは驚いた。

簡単に概要を言うと、慧海は僧であり正確な仏典を得たいと熱望して、チベットに侵入した。

当時チベット鎖国しており、西洋諸外国からも入国を図ったものがあったがことごとく失敗しており、慧海の成功は稀有なことであって、しかも彼のこの報告書は、世界的に極めて高い評価を得ているのだという。「さまよえる湖」でよく知られるヘディンなども多く引用しているという。(*1)

慧海は、ネパールでチベット語を習得するなど3年ほどの準備をしたうえ、単身で重い荷を背負い、リウマチの体に鞭打って、関所を避けてほとんど道のないヒマラヤの峠を越え、チベット密入国した。捕まれば命はない。無謀と言われても仕方ない。

この峠は、その後の研究によってクン・ラ峠(5,411m)だろうとされている。現在でも道らしいものがあるのかどうか、探検チームであってもなかなか行けないコースのようだ。

雪の中で夜を過ごしたり、氷の川で流されたり、水も食べ物もをなくさまよったりしてながらも、何とか生き永らえたその旅は、壮絶としか言いようがない。チベット入り後はシナ人と偽って旅をし、カイラス山を詣で、ラサに入って一年あまり勉強、医師として名声が高まり法王にも謁見し、多くの書物を手に入れるが、徐々に日本人との疑いが広がってくる中、何とか関所を通過してインドへ逃れ出た、という旅行記である。

この第1回目の旅は、明治30年に神戸を出発、時に慧海は32歳、帰国は明治36年であった。

 

なんとも大変な命知らずがいたもので、目標に向かって猪突猛進、しかも頭脳は極めて緻密、言論にも長け、欲は全くないという偉人である。チベットの人々を見る目も鋭く的確で、決して蔑んでいない。

そうしてさらに驚かされるのは、かれは迷ったときに、深い座禅の境地にはいりそこから見えてくるものに従うという術を使う。これを「断事観三昧」と名付けて、道に迷ったとき、身分を明かすべきか迷ったときなど命の岐路に立たされた時に座禅を組んでいる。また、雪の中で動けず死を覚悟して夜を明かすことがあった。彼はどうしたかというと、呼吸を最低限にして体温の放出を防いだ。そうして無覚で我を失い、たぶん翌日(もしくは翌々日)生き延びて目を覚ます。これは冬眠だと私には思えた。これ一つでも信じがたい事である。

 

慧海は、慶応2年(1866)生まれ。江戸末から明治時代に、日本にこういう破格な人物が現れたのはどうしてなのだろう。俳句の子規は慶応3年(1867)、牧野富太郎1862年生まれ。南方熊楠は1867年。

谷川健一さんに「独学のすすめ」という本がある。

南方熊楠柳田国男折口信夫、吉田東伍、中村十作、笹森儀助をとり挙げて、いずれの人も、お仕着せの既成の知識や価値ではなく、自分で学び取り行動し、それが時代を超えるものを残したと共感をうたっている。それが、生きた学問だともいっている。

因みに南方は1867年、柳田は1875年、折口は1887年、吉田は1867年、中村は1867年、笹森は1845年の、それぞれ生まれである。

もちろん、政治、軍事、産業の世界で時代を破った新しい価値を生み出した人がまだまだたくさんいたに違いない。慧海もこうした人の一人であるに違いない。

 

慧海のチベット旅行記は、日本が新しい時代へ向かう息吹の中で、まさに日本民族のDNAの青春時代だと言えそうな気がして、読後は痛快な気分になったのだった。

それにしても、もっと日本人に知って欲しい人物である。NHK大河ドラマなどでがっぷりと取り上げてほしいものだ。

 

*1 「チベット旅行記」(上) 白水社 川喜田二郎の前書きから

*2 「西ネパール・ヒマラヤ最奥の地を歩く」 稲葉香 彩流社

ウグイスとイソヒヨドリ

囀りや森の深くは暗きまま

(情けない写真だが、ウグイス)

最近家の近くにウグイスが毎日来て、早朝から美声を聞かせてくれる。

今年の彼は歌が上手くて、ケキョの部分を二度繰り返し気味に鋭く響かせ、これまで聞いたなかで指折りだ。このケキョが、街に響き渡る。窓から姿を探そうとするが、影は見えるものの動きがすばしこく、また逆光になるので姿を確認できない。居ることは分かるのだが・・・。

 

ところが、ウグイスのライバルが現れている。イソヒヨドリだ。

数年前から近くに棲みついているらしく、隣家の屋根や電線、家の庭などに姿をよく見せている。こちらは堂々と姿を見せるてくれて、近寄っても逃げないことがある。背中の色は地味な青黒っぽい感じだ。

普段から良く鳴いているが、特にこの時期のさえずりは素晴らしい。声は明るく透きとおって遠くまでよく通り、その鳴き方は複雑で多様だ。ウグイスよりも明るくて饒舌。

イソヒヨドリ

この二人が、鳴き合戦をすることがある。

ウグイスが鳴くとしばらくしてイソヒヨドリが鳴き、またウグイスが鳴きまたイソヒヨドリが鳴く。そうしてイソヒヨドリが息も切らさず怒涛の連続鳴きをすると、ウグイスが我関せずのように自分のリズムで一呼吸置きながら鳴いている。甲乙つけがたい。

 

でも、お互いに当然相手の声が聞こえているはずなのだが、どう感じているのだろう。縄張りを主張しあう意味があるのだろうか。

ともあれそれぞれ美声で、思わず手をとめ聞きほれてしまう。ウグイスが少し減っている感じがするので、この分だと春のさえずりの代表の座がイソヒヨドリにとって代わられる可能性がありそうだ。

 

 

柳絮、柳を挿すということ

芽吹きから青柳までの早さかな

 

公園を歩いていると、おや?白いものがたくさん飛んでくる。

柳絮だ。これはヤナギの花のホワタで、近づいてみると今を盛りに枝も真っ白である。

柳絮、と書くと、なんだか中国の古い時代、唐詩や伝奇集を思い出して現実離れした気分になる。

 

また少し歩くと、地面に虫のようなものが一面に落ちている。足の踏み場もない。一瞬、オッとおもうが、これもヤナギの花が落下したもの。これは春先に木全体が黄色に見えていたものの正体だと思われる。先ほどの柳絮とはだいぶ違う。

 

ヤナギは種類が多いし皆似ているので、私は、判別して覚えようとは思っていない、だが漢字で書く「柳」はシダレヤナギ、「楊」はカワヤナギなのだそうだ。銀座のヤナギは柳、ツマヨウジは楊枝となる。ということは、この公園の柳絮はシダレヤナギの穂綿ということになるのだろうか。それほど枝垂れているとは思えないのだが・・・。まあ、あまり詮索する気はない。

 

一茶の句を「やなぎ」で検索すると、相当な数があがってくる。身近で句にしやすい木なのかもしれない、が、「ヤナギをさす」という使われ方が多いことに気がついた。どういう意味なのだろう。例えば、

さし柳翌は出て行庵也                  文化句帖   文化2年

願ひ有る身となとがめそさし柳      文化句帖     2

売家にきのふさしたる柳哉             文化句帖     3

柳さし ~ ては念仏哉                   七番日記     8

 

ヤナギは容易に挿し木で着く。

そのため、「垣根とか・・土地の境、さらには村境や町はすれにも植えられた。橋のたもとや、遊郭の大門の傍らには柳があり、異界との区別を意味していたが、幽霊が柳に出没するのもその背景による。」と、「古典文学植物誌」にある。どうやらヤナギは何かの霊威を持っていたようである。

 

ではその霊威は何なのかと、もう少し漁っていると、折口信夫は「花の話」で、

「柳は齋(ユ)の木である。矢の木ではなくて、齋(ユ)の木、即、物忌みの木である。ゆのぎやなぎになってきたのである。」そして「田の中に柳をさす事は、今でも行われている。柳は枝が多く、根の著き易いものであって、一種の花なのである」と説いている。

折口や柳田の民俗学的な視点を得て、山田宗睦は柳について「花の文化史」の中で興味深い考察をしている。柳の枝を田の水口にさして、田の神の依り代とする民俗があったこと、中国では清明節の日に軒端に柳枝を挿して悪霊や邪霊を祓い、先祖の亡霊が帰郷する目印にするという習俗があったこと。また柳田国男が柳の信仰例としてあげた、「挿し木の成育すると否とに由って、神意を判断しようとした枝占」を紹介し、「ヤナギが挿し木してよく根づくというその性質が、たちまち新年のイネの豊饒の予祝に使われた」としている。

 

こうしてみると、川端の柳が風景が単なるコローの絵ではなく、日本人の長い歴史に息づいてきた習俗に深い関係があるのだということが見えてくる。一茶の「柳を挿す」という句は、庶民のささやかな邪霊払いや家運隆盛の祈りであり、それが江戸末期にはまだ行われていたことを教えている。

 

柳絮をを見て、一茶の句を見たので、ついついこんな処に入りこんでしまった。おぼろげながら、こんな解釈が浮かんでくるが、もちろんしっかり調べないと確かなことは言えない。

ここのヤナギは沼に自生するので、挿さなくても野放図に増えている。