三保の松原の野草たち

花茨きのふもけふも富士見えず

 

 

 

ふらっと、三保海岸へ行って砂浜や松原を歩いてきた。

蒸し暑い日曜日。人出が多いだろうな、駐車場は大丈夫だろうか心配したが予想に反して適度な人出。みなさん大きな羽衣の松の林を通って、潮風を受けながら、さあ富士山は見えるかなと、浜に出てくる。

そして見えれば、ああ!、見えなければ、ああ!と誰もが讃嘆嘆息するから面白い。この日富士山は山頂は雲に隠れていたが、五合目から上は薄青い山容をのぞかせている。この時季にしては、まあまあのお出まし。

清水港に大きな外国船のクルーズが入っていて、(多分セレブリティ・ミレニアムというアメリカの客船)その乗船客がこの世界遺産の三保にも来ているようだった。

(人が大勢見えるのは、「羽衣の松」付近)

 

この日見つけた、砂地の野草たちをいくつか。

ハマボウフウ(セリ科)

もう花は終わって固い実になり始めている。葉はセリのような風味がよくて野菜として食べられているようだ。一葉摘まんで嗅いでみると強い香りがする。

 

ツルナ(ハマミズナ科

菜というからには、これも食材になり、おいしそうな風貌である。アイスプラントが近縁といい感じは似ている。

 

ナルトサワギク(キク科)

マダガスカル原産での外来植物。1978年に鳴門市で確認されたことから鳴門沢菊の名がつけられた。繁殖力が強く拡散しており、また毒性があるので特定外来生物に指定されているという。この可憐そうな花がねえ。



ウスベニニガナ(キク科)

思っていたよりずっとひょろひょろと細く小さく弱々しくて驚いた。花の筒は1センチほどで先端に薄紫の花が覗いている。小さくてうまく撮れない。おもに熱帯域に分布していて、静岡あたりにも北上してきたのだという。これからもっと増えるかもしれない。

 

アメリネナシカズラヒルガオ科)

静岡県自然史博物館の資料によれば、「三保の砂浜でみられるネナシカズラ類はほとんどがアメリネナシカズラCuscuta pentagonaという北アメリカ原産の外来種です。アメリネナシカズラとハマネナシカズラは非常によく似ており、ちょっと見ただけでは見分けがつきません。」ということなので、アメリネナシカズラだろう。自身は葉緑素を持たず寄生する。ゴミ屑に見間違える。

 

テリハノイバラ(バラ科

これは松林の林縁にたくさん見られる。ノイバラにもいろいろ種類があるのだろうが、これは新鮮な印象で、あまり藪やぶにならない。花はノイバラより少し大きくて5センチほど。ゲーテの野薔薇もこんな花かもしれない、と思わせる。葉に艶がある。すこしバラの香がする。

 

その他、ハマゴウは少しだけ咲き始め。ハマヒルガオはまだ。ハマエンドウは見られなかった。砂地にはいつものようにコウボムギ、ケカモノハシなども見られる。

以上備忘方々。

庭のカボチャの花は早起きだ

早起きは昼寝も早し花カボチャ

(朝4時、開花前)

カボチャの花が毎日咲いている。

花は一日花なのか、概ね午前中をピークにして以降花はしぼんでいく。翌日は咲かないのか確認していない。(確認しました。翌日はもう萎びて開けません)

 

この花はなかなかいい。黄色がエネルギッシュでしかも田舎っぽく、悠々と庭に咲いていると、何かほっとした気持ちになる。

花は早起きなようで、目覚めて気がつくと既に開いている。一体いつ開くのだろう、と予て思っていたのだが、今朝4時に庭に出てみると、・・・しめしめ、まだ開いていない。ようやく正体をつかんだ気がした。早朝に咲く、と考えておいていいのだろうか。

(満開、虫もちらほら:朝8時:大きな黒いハナアブのようなのがよく来ている)

このカボチャは、春先に食べたカボチャの種を蒔いたものだ。芽が出て、花が咲いて、まではいいが実がしっかりできるのか、これからのみもの。

 

(しぼみ始め、これで仕事は終わりか?早いねえ:12時)

 

そもそもカボチャには3種類ある、と「日本の野菜」には書いている。

1は、

日本カボチャで南メキシコから南米にかけてが原産地。それがヨーロッパに伝わり、信長の時代にポルトガル船から豊後の大友宗麟に種が贈られたのが日本の初め、カンボジアが訛ってカボチャとなったことはよく知られている。

これは甘みが少なく水っぽくて、昔は砂糖と醤油で煮締めてご飯のおかずにした。これは懐かしいね。

2は、

明治維新直前の1863年に入ってきた西洋カボチャ。これには2種類あって、甘みがのってホクホクとしているのは、クリカボチャとよばれている。

3は、

やはり西洋カボチャだが、甘みが薄く食べても不味く、それをペポカボチャとよぶようになり、家畜の飼料や、形が変わっているものは観賞用にした。そうめんカボチャはこの一種。

 

としている。私が食べて、蒔いたのは2の西洋カボチャに当たるのだろう。ちなみにパンプキンというのは1であり、とくに皮が赤オレンジのものを言い、一般に飼料用なのだという。じゃあ2の、いま食べているのは何かというと、一般的にはwinter squash  ウインタースクァシュというのだそうだ。

 

ちなみにズッキーニはペポカボチャの一種で以前はつる無しカボチャとよばれていたが、普及につれてイタリア語の小さいカボチャの意味のズッキーナが広がったのだという。

知らないことだらけで恐縮。

 

江戸時代にはカボチャの花の俳句は、蕪村一茶には見つからない。詠うほどのものではなかったのか。平安時代に日本に入っていたら、源氏物語にも取り入れられたかもしれない。夕顔の花は、カボチャを白くしたような花だから。

 

カボチャ咲く予定なき日が始まりぬ

 

(参考:「日本の野菜」大久保増太郎 中公新書

 

 

 

 

オウチ 楝・樗(栴檀)の花ちる

楝散る長き老後の幸不幸

散歩の林道のコースの途中に、オウチの花が咲いている。樹全体が薄紫色にぼんやりと霞がかかっているように見えて、近くに来ると花だと気がつく。この時季白い花が多い中で、独特の風情がある。特に小雨の時などはいい感じなのだ。

 

わたしは寒いところ育ちなので、オウチを知らなかったのだが、温かい静岡に越してきたら社宅の庭に大きな木がそびえていた。栴檀の木だと聞き知って、これが格言の「双葉より芳し」か、と思ったら大間違いで、まったく別ものだった。格言の方の正体は白檀であり、こちらの栴檀はオウチで樗、楝と書く。こちらはかぐわしくはないけれど花も風情があるし、実は冬の空にずっと残って興を誘ってくれる。

オウチの数少ない記憶では、松江城の堀巡りの小舟から見たオウチ、それから長崎の爆心地にもあったような気がする、こちらは蝶が盛んに舞っていた。いずれも旅先の暖地の花として脳裏の片隅に咲いている。静岡ではそれほど多くはなかったと思うのだが、最近は見かけることが多くなった気がする。

 


明治23年生まれの杉田久女にセンダンを詠んだ有名な句がある。彼女は虚子に破門されて難しい人生を送ることになったことは、小説にも書かれたので知る人も多い。

 

栴檀の花散る那覇に入学す (昭和9年)

 

当時は「那覇」などは新鮮な題材だったのかもしれない。鹿児島で生まれ沖縄、台湾へと父親に従って移り住んだ子供時代の思い出の句かもしれない。那覇では入学の四月にはもうオウチは散るのだろうか。

 

万葉集を探してみると4首にうたわれ、その一つが九州大宰府大伴旅人が妻を失った折の弔問の歌であり、山上憶良のものと解されている。

 

妹がみし楝の花は散りぬべし我が泣く涙いまだ干なくに(⑤798)

(妻のみた栴檀の木は落花のけはいを見せる。悲しみのわが涙もまだ乾かないのに (中西進))

 

万葉集の4首のうち3首が楝の花が散るという表現なのに気がつく。散り際など、これまで注意を払ったことはなかったのだが、今年はちょっと気をつけてみよう。久女の句も、楝が散るという万葉美学を受け継いでいるのかもしれない。

(ミカン畑の花も、あまり香らなくなってきた。)

散歩の林道わきでは、そろそろ卯の花が盛りを過ぎる。付き物のホトトギスも鳴いている。ハコネウツギが白と紅を咲き分けていて、エゴの花はポトポトおち始め、山桑の実は黒く熟んで甘酸っぱい。ミカンの花の香が治まってきたら、次は栗の匂いが遠くからして来る。ハゼノキも黄色い花をふんだんに咲かせている。ガマズミが派手に白い花序をひろげ、テイカカズラも巻き付いてびっしり花をつけた。

ウグイスがまだけたたましいし、イソヒヨドリがこの頃勢力を伸ばしてきて、山間でも流暢な鳴き声を聞かせている。

山の木々のひっそりと激しい生殖活動が続いている。

「あさいち」=能登朝市の絵本

「あさいち」という輪島の朝市を描いた絵本を図書館から借りた。

地震と大火災で朝市が壊滅したニュース映像に衝撃をうけ、気に留めていたおりに、福音館書店能登の復興のために絵本を復刊したということを知ったからだ。販売の利益は赤十字に寄付するという。教えてくださったのは、石川県津幡町の「小さな図書館のものがたり」さんのブログだった。

勝手ながらブログを張り付けておく。

復興を願って復刊~『あさいち』(福音館書店) - 小さな図書館のものがたり

 

図書館に予約をしたのが3月初旬、だから私に回ってくるに2カ月かかったということになる。それだけ予約者が多かったようだ。調べてみると市の図書館には9冊ある。そして出版が今年の3月と紹介されているので、これは復刊本のことだろう。ただし私のところに来た本は、2009年2月1日の第5刷であり、今回何冊か新たに買い足した、と思われる。

素朴そのものの民俗資料的な手作り味噌のような絵本だった。絵は大石可久也、かたり=輪島・朝市の人びと、となっている。

冬の朝の光景。地元のおばさん(おばあさん)たちが夜明け前から魚を処理し、雪の下から野菜をとりだし、それから三々五々集まってきて、露店を構える。

「いらんけ」「こうてくだ」

文字の大半はおばさんたちの売り声だ。よく見ると買い物客は、どうやら地元の方々であり観光客ではなさそうだ。ということは観光化される以前の風景なのだろうか。初版は1980年なのでその頃の風景か。絵はキャンバスの地が見えてうす塗りで色もくすんでいる。そして朝市も終わり時間になるのだろうか、

「のぶちゃん うってもたん?」 「かれい のこったわ。ふでさん たべてくだ。」「おおきに。のぶちゃんも みずな もっていくまし。」と残り物を交換し合い、

ここでページをめくると、パタッと終わってしまい、おや!と思う。あとは雪の暗い能登の海岸の遠景の絵があるだけである。厳しい自然のなかの人々の日々の小さな営為。

 

わたしは2011年に冷やかして歩いたことがあるが、やはり観光客として覚めた目でみていたし、正直いっておばさんたちは不愛想に思えて、あまりいい印象を持たなかった。それは田舎の文化だったせいかもしれない。当時のメモに「西の外れの文四郎の店でコーヒー飲みつつウシル、海草、箸を買う。」とあるので、露店では物は買わず、またウシルは馴染めなくて結局使えなかった。

勿論この絵本の古い農漁村のイメージを、現実の朝市にオーバーラップさせるのは無理なことだろう。最近金沢とか津幡町などに出張して開かれたという、頑張っているニュースも聞いているので、災害を機にどう変わっていくのか関心があるところだ。

 

こんな民俗資料的な絵本を手にすると、真逆な生成AIを思い出してしまう。生成AIが急速に能力向上し、文章も絵もなんでもござれで、平均以上にすぐに作成してしまうようになった。(らしい。わたしは使っていない)

けれどこんな絵本は(いまのところまだが)AIには無理な気がする。しかしこれからはどうなるのだろう。生成AIにより労働にも生活にも大きな変動が起きている。私も長い間事務の仕事をしてきたが、そんな人間は不要になりそうだ。絵本も同じ運命で、こうした生味噌みたいな複雑な味も人の手を煩わせず、コンピュータが瞬時に造ってくれるようになるのだろうか。

そして被災地の復興プランもまた、生成AIで、住民の思いを取り込んだ味わい深いものをあっという間に作成してくれるのだろうか。無理だろうな。

そんなこんなを思いながら、もう新たに本を買わないというルールを外して、能登地震の覚えとして一冊手元に置くこととした。

 

黒い毛虫・芋虫

毛虫這う窓の桟からカーテンへ

毎年きまってアマドコロの葉に黒い芋虫が湧く。被害は少ないので、あえて除らずにそのままにしている。彼らがどういう成虫になるのか、あまり関心も持たずにいたが、今回ふと気になって調べてみると、どうやらヒゲナガクロハバチのようだ。そういえば見かけることがある。昔田舎のたい肥場などによくいた奴だろうか。蜂というからには、蜂の巣をイメージするが、いろいろな生態があることを改めて知る。

 

黒い虫というと有名な古典、「虫愛ずる姫君」を思い出す。改めてネットで探して現代語で読んでみると、これが面白い。この姫様はものごとの本質を的確に表現できる才女であるが、お歯黒はしない、眉毛は抜かないので黒々とした虫のような眉をしているなど世間常識を無視した子である。

 

『気味の悪い毛虫を面白がっているそうだ。』と、世間の人達が聞くのもたいそうみっともない。」と、(親たちが姫君に)申し上げなさると、

「かまいません。すべての物事を追求して、行く末を見るからこそ、物事には趣き(面白さ)があるのです。(そういったことも理解しないなんて)たいそう幼稚なことです。(このとおり)毛虫は、蝶になるのです。」と 毛虫が蝶に成長して変化するのを、取り出して見せなさった。

(以上は、WEB「フロンティア古典教室」を引用させていただきました。)

 

能弁で痛快である。よくこんな書き物が残されていたと感心する。

原文では毛虫を「烏毛虫」と表記して(かはむし)と読み、チョウになる、と書いている。毛虫がカラスのように黒いという捉え方をされていることが知れる。

では黒い毛虫とはどんなものか。虫を好まないのでよく知らないが、アゲハなどの立派な蝶になりそうもないと思える。

 

真黒な毛虫の糞や散松葉  子規 (明治35年

 (この毛虫はいわゆるマツケムシだろうか。子規はこの年はもう外に出歩けなかったはずなので、想像の句もしくは家人がみて子規に伝えたのかもしれない。「小園の記」明治31年)には、黄色い蝶が庭の松にひらひらしてやがて消えたあと、子規は正気を失い、数百のチョウと狂い踊る、とみるとそれは蝶ではなくて小さい神の子であった。高熱のもたらした夢であったが、生々しい記述がみられる。)

 

今年は早くから黒いチョウが出現していて、つい昨日、黒い蝶が庭の木にとまっているのをみた。やや大型の黒いアゲハチョウで、翅には後ろに飛び出している突起がなかったので、調べるとナガサキアゲハなのかと思えた。残念ながらカメラを取りに行く間に消えてしまい、素人判断なので確証はないが・・・。

散歩していたら、足下に黒いものが見えた。

もちろんこれはカラスノエンドウで、早くも黒いマメになっている。しっかりとみごとに黒い。黒い色素はアントシアニンというのだそうだ。黒いものは自然界ではやはり不気味な印象を与える。

 

思親山(1031m)を訪れる

誰彼も頭上に風ある五月かな

(暗くて狭い林道を抜けると、突然富士山が現れる  佐野峠から)

山梨県の南部にある思親山(1031m)をE君と訪ねた。20年ほど前に登って以来、私にとっては3度目になる。

思親山という変わった名前は、日蓮聖人が身延山で修行中、この頂から両親を偲んだといわれることから来ているようだ。日蓮宗総本山の身延山久遠寺はここからさほど遠くない。

 

記憶をたどれば、この山は、富士山がきれいで、明るく樹々が美しく、樹下の花たちが豊富、という印象だった。それだけに楽しみにしていたのだが、その期待はあっさり裏切られた。

 

身延線内船駅の脇から林道をたどり佐野峠(845m)までは経験のある径路だったが、予想を超えて林道は荒れていた。またすれ違いができる幅はなく対向車が来たら…、とびくびくしながらだった。若いころはこうした難路も平気だったのだろう。

しかしこの峠に飛び出して目に入ってきた富士山は秀逸。見慣れた自分でも思わず声が出る。思い返せば今回期待どおりは富士山だけだった。

峠に車を置いて、そこからは約一時間で頂。だがスギヒノキの植林で道は暗く、以前は目を喜ばせてくれた草花はほとんど絶えて見られない。寂しい山になった。

(剣が峰も見えている)

山頂でおにぎりを食べていたら、数人が昇ってきた。一人は田貫湖から天使、長者の山を越え身延までをトレイルするという女性だった。若い男性は富岳36景というポイント巡りをしているという。いずれも小走りに頂上を後にしていった。

ずいぶん山の楽しみ方も変わったのだなあと思った。

北岳間ノ岳もちょっとみえる)

帰路は佐野方面に降りたが、こちらの林道も落石がひどくてしかも路面も悪く時間ばかりかかってしまった。事故がなかったのを幸いとすべきだろう。

(中央は安倍川筋の十枚山と思われる)

途中で鄙びた佐野川温泉に寄ろうと考えていた。そこにももう20年ほど寄っていないが、とてもぬるい湯で、温まるに時間がかかり、かなり広い露天の風呂になっていて男女間には簡単な簾がある程度のいわば混浴に近いものだったのだが。行ってみたらもう新しくなっていて、鄙びたおもかげの欠片もなかった。ここはがっかりして入らずにしてしまった。

今回は、なんだか20年の時代の流れを感じさせる山行きと相成ってしまった。

新緑は美しかったのだが。

アワフキの正体みたり

颯爽と虫に喰われる若葉かな

堤防を歩いていると、伸び始めた草の茎に、泡がついているのを見つけた。見たら周囲の草一面が泡だらけだ。これまでも何度か見てはいたが、こんなにたくさんの泡が一度に見られたのは初めてで、壮観だった。

 

これはアワフキムシの仕業、とは知識で知っていたが、今回は泡を除いてアワフキムシとやらを拝んでみようと一枝とって、作業にかかる。

草の小枝で、泡を除けようとしてみたが、思いのほか粘りが強く、泡も簡単にはつぶれない。ふーっと息を吹きかけるくらいではびくともしない。少しの風などは十分に耐えられそうだ。

だが、雨はどうか?今回は水を掛けることを思いつかなかった。これはまたの機会にしよう。

ネットからの知識では、こいつは幼虫であり、草の髄に口を差し込んで栄養を取り、排泄物(尿)をたくみに捏ねて泡をつくって自分を守る、のだそうだ。泡は目立つのだが、といって泡の中まで調べようと思うのは、人間以外にはあまりいないのではないか。人間の私だって中を見るのは今回が初めてだ。意表を突く防衛方法だが、自然界では結構うまく機能している、ような気がする。

泡と言えば、モリアオガエルを思い浮かべるが、あの泡の中でたくさんの卵が孵化する。だがこちらは一人用の泡の部屋である。いい気なものである。

 

泡を除いているとそのうちに虫が出てきた。確かに中に棲んでいることを知って感動する。追い出された彼は茎を伝わってこそこそと歩き始めた。うまく写真には撮れなかったが、調べるとシロオビアワフキというもののようだ。やがて成虫になると、セミの小型のような形になるそうで、稲の害虫、ウンカなどと同じカメムシの仲間だという。

(逃げ回るのでピンボケ)

あの泡立っているのが尿だというのも驚きだ。

いや待てよ、泡がついていた草は、セイダカアワダチソウではなかったか?(つまらない落ちだ)