秋の白さ

細径や花も色なき風の中

f:id:zukunashitosan0420:20210922111848j:plain

(イタドリ)

 

秋は白で白秋、春は青で青春、そして朱夏、玄冬。これは中国の故事を取り込んだもの。北原白秋の名ももここから来ている。

何故秋は白なのか、というのも愚問だが、そう思ってみれば秋は確かに白かもしれない。紅葉の鮮やかな赤、黄色があるじゃないかと言われれば、それはそうだが、秋の情趣は、それらの色の背後にある、派手な色のない、色を超越した白なのだ。そんな気がする。白秋はまた素秋ともいわれ、素も白の意味だが、こちらはさらに色のない透明な感じがする。

 

見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ  藤原定家

さびしさはその色としもなかりけり槙立つ山の秋の夕暮れ  寂蓮

この三夕の歌に読みとれる美学は、花や紅葉ではなくむしろ取り立てて何もない風景や、地味な槙(杉ヒノキなどの針葉樹)の林にしみじみとした秋の情趣があるとしている。いかにもワビサビの鬱屈した美意識であるが、分からないでもない。

f:id:zukunashitosan0420:20210922112039j:plain

ヨモギ

俳句では、「色なき風」が秋の季語。これは、「吹き来れば身にもしみける秋風を色なきものと思ひけるかな」という紀友則の歌に寄っているものという。その心は上記の和歌と同じなのだろう。白とは言わないが透明な色彩感。

ビリーバンバンの「白いブランコ」はやっぱり白でないといけないのは、微妙に古い日本的美意識をくすぐるからだろうか。

 

堤防を歩けば、どんな季節でも白い花に出会える。でも、なまじ白秋などという言葉を気に掛けるばかりに、白い花に気がひかれてしまう。

 

ススキや荻は、言わずもがな。センニンソウも真っ白だ。

けれど今日は、色なき風の風情に合わせて、地味だけれど薄ら白いイタドリ、ヨモギ、メドハギを登場させよう。

f:id:zukunashitosan0420:20210922111752j:plain (メドハギ)

 

言い忘れてしまったが、風が吹くと葛の葉が裏返る。裏は白いので葛の原は斑の白が光る。これも捨てがたい秋の白だ。

もう一つはアキノノゲシ。白、とは言えないかもしれないが、ノゲシが黄色いのに比べてずっと色白である。花だけを見ると、何となく繊細な感じがする、が、実は逞しくて野性味たっぷりの草である。

f:id:zukunashitosan0420:20210922161829j:plain

 

囲碁AIと子規

碁にまけて厠に行けば月夜哉  子規(明治31年

f:id:zukunashitosan0420:20210915093525j:plain

(今日現在対局が行われている、第46期名人戦。ライブネット配信である)

将棋の藤井聡太さんが叡王タイトルを獲り、10代での3冠は史上初というニュースが駆け巡っている。囲碁では井山裕太さんが全7冠は失ったものの、依然として第一人者として君臨している。また、仲邑菫さんというめっぽ強い12歳の女の子が現れてきて、私もファンである。

 

囲碁将棋は、この数年で急変した。人工知能が人間より強くなり、より勝率の高い、有効な手を人間に教えてくれるようになったからである。そして一手一手単位で、勝率を評価するというとんでもない事態になってきた。人工知能が高評価する手を人間が学んで、それを採用する棋士が勝っているという。

そのため従来は悪手と言われたものが見直されたり、良手が手ぬるいと評価を下げたりという価値の変換が起こっている。そして概して激しい殴り合いの接近戦?の碁が多くなっている気がする。

ここに至って、伝統的な囲碁のバランスの美学が影を潜めてしまったように思うのは、素人感覚か?

 

子規は囲碁を楽しんだようだ。データを調べると「碁」が使われている句は20ある。

下手の碁の四隅かためる日永哉 明治29年

眞中に碁盤すゑたる毛布哉   明治33年  この頃はまだ体を起こすことができたのだろう。

死の数日前まで新聞掲載していた随筆「病牀六尺」に、囲碁将棋についてふれた記事があり、

「碁将棋の手といふものに、汚いと汚くないとの別がある」

と書いている。9月10日掲載なので死の9日前である。

子規は、平生は温順な君子然とした人が汚い手を打ったり、泥棒でもしそうな人が正々堂々とした手を打ったりすることがある、として精神分析をしたら面白いだろう、と言っている。

 

私も最近は遠ざかっているが碁が好きなので、この汚い手、というのが興味を引く。

これはひとつには、そこまで追い詰めなくても、いい塩梅のところで手を打ってもいいじゃないか、という感じだと思う。碁はバランスのゲームだという美学がその底にあり、余りにしつこく迫られると汚い感じがするのは確かなのだ。また、碁には古来良い形、悪い形といわれる石の並びがあって、悪い形を打つくらいなら、碁を負けてもいいというような芸術肌の碁打ちもいるくらいだ。悪い形を平気で打つのが、汚い手で、そんなにまでして勝ちたいか?と嫌がられた。

ところが現代棋士、特に井山名人本因坊は、優勢でも決して手を緩めずとことん最強の対応を追及する傾向がある。「まあこの程度で」、というような妥協がなく、勝ちになっても鉾を収めない。従来の悪形を意に介さず打つ場面も往々にみられ、衆目を集める。そのため無理をしてやりすぎて逆転ということも時おりあるようだ。それは彼の美学なのだろうが、AIの考え方と似ているところも感じる。それだけ、現代の囲碁将棋はギリギリのところで勝敗が決まる厳しい世界になったということか。

子規に言わせれば、AIの碁は汚いのかもしれない。AIの手を採用しない棋士も、同様の想いかもしれない。

いずれにせよ、碁の世界がレベルアップしているのは確かなのだが、我ら一般の囲碁好き庶民にとっては、余りにもシビアな手の評価は、夢が無いように思えて歓迎はしたくないものだ。

今日の囲碁将棋を見たら子規は何と評価するのか。好奇心いっぱいの合理的な子規のこと、案外AI派かもしれない。

 

九月は子規の祥月。死のせまる床で、なんでまた囲碁将棋の手など考えていたのだろう。

修竹千竿灯漏れて碁の音涼し 明治35年

竹林の七賢などを思わせる句だが、もう寝たきりの子規は掛け軸などを見ていたのではないかとも想像できる。

秋の気配を感じる頃になると、この激しい楽天的な青年を自然に思い出してしまう。

 

(ネットを見ていたら、子規は日本棋院の「殿堂入り」をしているようだ。)

アフリカフウチョウソウと「ふじのくに地球環境史ミュージアム」

のっけには全員名はなし草の花

 

f:id:zukunashitosan0420:20210907093808j:plain

田んぼの水路わきで、見慣れない花を見つけた。

実はそれは一年前のこと。その時、図鑑やネットでいろいろ調べてみたが、分からずじまいで断念。以来気にかかっていた。先日そこを通りかかった折に改めて草むらを歩くと、ちゃんとそこに生えていて、昨年よりも広がりを見せていた。背丈は30センチ程度、花は1.5センチほどで既に結実したサヤが見えていた。

 

「さて、この名前をどうやって調べたらよいか?自前の図鑑やネットではやはり無理だろうな。」

と悩んで、はたと思いついたのが県立の博物館。正式名は「ふじのくに地球環境史ミュージアム」という。以前見学したときに、地元の植物が写真パネルで解説されていたのを思い出したのだ。

さっそく問い合わせてみると、ご親切にも一応写真か標本を送ってください、とのことなので、写真を送って待つこと2日ほど。返事があった。

f:id:zukunashitosan0420:20210907093718j:plain

「アフリカフウチョウソウ」(フウチョウソウ科)ということだった。

ネットで調べると、1999年に初めて見つけられた外来植物で原産地は熱帯アフリカ。日本で分布を広げているとのことだが、まだまだネットで調べても情報が少ない。

フウチョウソウとは、風蝶草ということらしく、花の形が蝶を連想させることからの命名という記事もあったが、確実なことは言えない。フウチョウソウ科には、クレオメと呼ばれている園芸の花があり、それは学名「セイヨウフウチョウソウ」といって、きれいなのであちこちで目にすることができる。

新参の外来植物は、データが少ないのでなかなか同定できない。なぜあんな田んぼ道にあったのか。何か物についてはるばる運ばれてきたのだろうが、武漢から来た新型コロナと同じで、ルート解明は難しい。

こんなことがあって、私にとってこの博物館が急に身近な親しいものになった。それを伝えて学芸員さんへのお礼のメールとした。

 

 

ノカンゾウに夢中

ウマオイも花に眠るや真昼時

f:id:zukunashitosan0420:20210903095939j:plain

今年は庭のノカンゾウがとても元気で、次々と大きな花を咲かせてくれる。花の色は個体によって、黄色っぽいものから、朱色っぽいものまで微妙に違っていて、庭の花は黄色っぽい部類か。

 

と思ってみていると、その一つに緑の虫が顔を入れているのに気が付いた。何をしているのか、死んでいるのか、じっとしたまま動かない。奥に甘い蜜があって、そこに顔を突っ込んで忘我なのだろうか。

1時間後に覗いてみたが、そのまま。死んでいるという様子でもない。

 

夜、どうしたかとな覗くと、なんと花をかじって食べていた。それほどまでに、愛してしまったのだろうか。

f:id:zukunashitosan0420:20210903100120j:plain

虫の区別はよく分からないのだが、まして鳴いていないのではっきりしないが、これはスイッチョン、いわゆるウマオイではないだろうか?草食のようだし。キリギリスは肉食だと聞いているから違うと思えるし。・・・あまり自信がないのだが。

人の世と別に、ひっそりと虫たちの世界がある。

 

 

 

 

堤防にも秋の花

声あらば何を語るや草の花

 

f:id:zukunashitosan0420:20210822060316j:plain

大雨がようやく収まったので、久しぶりの堤防漫歩。

この夏も、猛暑だ、オリンピックだ、コロナ警戒宣言だ、土砂崩れ、アフガンだと言っているうちに8月も下旬。なんだか時間が全く自分のものでなくなってしまって、モモじゃないけれど、時間泥棒に盗まれたような気分になる。

すでに堤防にも秋の気配。

 

f:id:zukunashitosan0420:20210822060411j:plain

ツリガネニンジンがもう満開だ。ノカンゾウもあちこちに。ツルボが薄紫の花穂を立て始めた。

この時季は、つる植物が勢いを増してくる。葛の花がそろそろ咲くだろう。ヤブガラシママコノシリヌグイなども争ってツルを伸ばして花をつけている。

 

葛の葉を一枚とる。

片手を軽く握って、親指と人差し指の先をあわせて丸くして、そこに葉をのせる。そうして反対の手の平で叩くと、「ぽん!」葉は大きな音を立てて破裂する。もう一枚。ポン。またポン。ポン。

 

f:id:zukunashitosan0420:20210822060510j:plain

安倍川の濁流も少しずつ収まってきている。

さて、誰もいないのを見計らって、民謡の発声練習を一声やろうかな。今は津軽の「十三(とさ)の砂山」をおさらい中。

西洋のセミ事情 (奥本大三郎氏の本から)

大水や蝉の生まれぬ里となる

f:id:zukunashitosan0420:20210816133911j:plain

窓を開けておいたら、蝉が飛び込んできた。カーテンにとまってじっとしているので、外に出そうと摘まむと、ジーッと油の声を出した。うるさくなる前に外に出してしまった。この2,3日の雨で蝉はずいぶん静かにしている。

最近の大雨は、各地で浸水被害をもたらしているが、きっと地中のセミの幼虫も溺れているだろう。いろんな生き物にとっても厳しい大雨だ。 

 

知人のところで、蝉の形の壁飾りを目にしたので、尋ねると南仏のお土産で頂いたとのこと。どこかで見たなぁと思って記憶をたどると、奥本大三郎著「虫の宇宙誌」にある「蝉涼し」というエッセイに載せていた写真だった。南仏の民芸品の一輪挿しとして紹介している。

f:id:zukunashitosan0420:20210816134057j:plain

奥本氏は、蝉は寒い北ヨーロッパにはいないので、「西洋では蝉の声を聞こうと思えば、南仏やギリシァにまで南下しなければならない。一般の英国人はセミcicadaといっても実際には何のことかわからないのではないだろうか」と、かいている。南仏を訪れた寒いヨーロッパの人々は、蝉の声にびっくりして、あの音はなに?と尋ねたに違いない。その驚きを土産にして帰国したのだろう。ゴッホなどもそうだったのか。

この本は、もう40年前のものだから、今は温暖化で蝉の分布が変わっているかもしれない。

氏はこのエッセイでイソップ物語のアリとキリギリスの寓話を取り上げている。

夏に歌ってばかりいたキリギリスは冬になって食べ物に困りアリに乞うが、アリは「夏に歌っていたのなら冬は踊りなさいよ」と断るという、誰もが知るお話である。

ところが原典では、キリギリスではなくセミなのだそうだ。

イソップ童話は、紀元前3世紀ごろにギリシャで成立したもので、以後ヨーロッパに普及し各国で翻訳された。翻訳した北欧人はセミにはなじみがないので、キリギリスなどに置き換えたようだ。氏は、その置き換えが、余りに虫の知識に欠けていると逐一指摘して、虫に対する西洋人の関心の低さを浮かび上がらせている。

日本にはセミから置き換えられたキリギリスのバージョンで伝わってきたが、これも正確に翻訳するとコオロギが正しいようだ。コオロギもキリギリスも更にセミも、関心の低いヨーロッパでは厳密に区別する意識も低いのだという。 

 

地上で鳴いているセミは、10日ほどで交尾を終えて命が尽きる。羽化する前は7年間地下で過ごしている。これは植物で考えれば、「桃栗三年柿八年」で、毎回種から8年経たないと結実しないカキに近い、ということになるか。そんなつもりで聞いていれば、蝉もまた苦労しているな、と相憐れむ気分になってくる。

なおエッセイ中に、こんな名句があったのでメモしておこう。

「蝉は幸いなるかな、その妻は鳴かざればなり」 ギリシャの風刺詩人クセナルコス

ウマノスズクサと馬鈴薯

小用を足さんとすれば葛葎

f:id:zukunashitosan0420:20210804140047j:plain


野原は油照りだが、次第に秋の気配も見せ始めた。この時期に一番目立つのはつる植物。クズやカナムグラ、イシミカワヤブガラシなどが各々自分がたくさん日を浴びようと、絡み合いながら、野原をのたうち回っている。甲斐信枝さんの絵本を思い出す。
そんなうんざりするような藪原を見ているうちに、ふと目に入ったのが、このサックスのような形をしたもの。これは今まで見たことがない。なんだろう?調べると、ウマノスズクサという植物で、日本中どこにでも見られるものだという。知らないのは私だけだった。


ラッパのような形をしたものは、花筒といいその底の丸い部分に花があり、コバエなどが入っていくと、内部に奥向きに生えている毛によって、出てこれなくなるのだという。ところが、花が次第に熟し雄蕊が成熟してくると、内部の逆毛がなくなり、コバエは外に出ることができるようになる。花粉をつけたコバエはその後、別の花に入って受粉を助けることになる。そういう奇妙なからくりなのだそうだ。確かに見るからに一癖ありそうだ。加えて有毒で、ジャコウアゲハの幼虫の食草であるともいう。
それにしても、ウマノスズクサというのは、何なのか?答えは、この花が結実すると、馬の首に下げる鈴に形が似ていることから、来ているらしい。だが実際は結実することが極めて少ないのだという。

f:id:zukunashitosan0420:20210804140207j:plain

花巻駅で買った小さいチャグチャグ馬子

馬の鈴と言えば、チャグチャグ馬子を連想するが、民謡の馬子唄では伴奏に鈴を鳴らす。今日ではイメージが湧かない言葉になってしまった。


が、馬鈴薯なら誰でも知っている。言うまでもなくジャガイモ、ポテトのことである。だが、ここでまた登場するのが、牧野富太郎博士。

「ジャガイモは断じて馬鈴薯ではない」として、滔々とまくし立てている。博士によれば、ジャガイモに馬鈴薯という名称を当てはめたのは、江戸時代の植物学者小野蘭山で、彼は中国の「松渓県志」にある5,60字の記述から判断した。文中に「之レヲ掘り取レバ形ニ小大アリテ 略ボ(ホボ)鈴子ノ如シ」とあるから、この姿から馬鈴薯という名前になったのかもしれない。

ところが、その記述では馬鈴薯とは蔓草らしく、薯は黒く苦甘いとしていて、博士は、これはジャガイモではなくマメ科のホドイモかもしれない、としている。しかも中国ではジャガイモを洋芋と呼んでいて、馬鈴薯と呼ぶことはないようである。
小野蘭山の間違いにより、日本ではジャガイモが馬鈴薯になってしまった。

馬鈴薯の名称を断乎として放逐すべし」と、博士は同名の随筆で怪気炎を上げている。


話が飛んでしまったが、ジャコウアゲハも面白そうなので、ウマノスズクサを庭にいれてみたい欲望にかられている。
(参考:「牧野植物随筆」講談社学術文庫