オウチ 楝・樗(栴檀)の花ちる

楝散る長き老後の幸不幸 散歩の林道のコースの途中に、オウチの花が咲いている。樹全体が薄紫色にぼんやりと霞がかかっているように見えて、近くに来ると花だと気がつく。この時季白い花が多い中で、独特の風情がある。特に小雨の時などはいい感じなのだ。 …

「あさいち」=能登朝市の絵本

「あさいち」という輪島の朝市を描いた絵本を図書館から借りた。 地震と大火災で朝市が壊滅したニュース映像に衝撃をうけ、気に留めていたおりに、福音館書店が能登の復興のために絵本を復刊したということを知ったからだ。販売の利益は赤十字に寄付するとい…

黒い毛虫・芋虫

毛虫這う窓の桟からカーテンへ 毎年きまってアマドコロの葉に黒い芋虫が湧く。被害は少ないので、あえて除らずにそのままにしている。彼らがどういう成虫になるのか、あまり関心も持たずにいたが、今回ふと気になって調べてみると、どうやらヒゲナガクロハバ…

思親山(1031m)を訪れる

誰彼も頭上に風ある五月かな (暗くて狭い林道を抜けると、突然富士山が現れる 佐野峠から) 山梨県の南部にある思親山(1031m)をE君と訪ねた。20年ほど前に登って以来、私にとっては3度目になる。 思親山という変わった名前は、日蓮聖人が身延山で修行中…

アワフキの正体みたり

颯爽と虫に喰われる若葉かな 堤防を歩いていると、伸び始めた草の茎に、泡がついているのを見つけた。見たら周囲の草一面が泡だらけだ。これまでも何度か見てはいたが、こんなにたくさんの泡が一度に見られたのは初めてで、壮観だった。 これはアワフキムシ…

クマガイソウをみにいく

閑けさやクマガイソウに風もなし クマガイソウが咲いている、という新聞記事を読んで友人と見に出かけた。図鑑でみるクマガイソウの派手な姿を実際に見るとこができると思うと、向かう車中からワクワクした気分になる。 件の場所は、静岡県掛川市倉真で人里…

「キリシタン音楽入門」のさわりと筝曲「六段」の秘密

満開のさくら写メール亡き人へ 桜が、8日に静岡で満開宣言があった。80%以上が咲いていることが確認されたのだという。なるほどね、それが満開の定義ですか、知りませんでした。 この4月から、FMの6時にまた古楽の番組が再開された。確か2年ほど朝5時…

静岡浅間神社の降り祭を見る

ヤマザクラまず警蹕(けいひつ)が神降し 4月に入ると、静岡市では静岡祭りが催されて家康行列や夜桜乱舞などで賑わう。静岡浅間神社では、廿日会祭が斎行され、伝統的な稚児舞や稚児行列などが街を練り歩く。春の到来を桜とともに祝う明るい季節だ。 ちょ…

ヒトリシズカが来た

起きるよりヒトリシズカを幾たびも ヒトリシズカがようやく咲き始めた。「造化の妙」についついみとれてしまう。 はじめは赤黒い太いマッチ棒のような茎が慎重にかおをのぞかせて、よく見るとその先はこれから開いていく葉であって、中に白いものがちょっと…

寒戻り・料峭

突然の一平 解雇寒戻る 驚きのニュースだった。大谷が無辜の天才野球少年に思えるだけに、こうした「俗世間」が彼を襲うのは、なんとも寒々しく、自分にも忸怩とした気持ちがよぎる。 さておき、 あの暖かさが一変して、強い寒気が来た。この寒の戻りを俳句…

花の種を蒔こう

これ以上蒔く隙はなし花の種 悪い癖なのだが、花が終わると、ちょっと種を取って紙に包み、その辺に置いておく。しっかり記録しておかないので、そのうちに何時採ったのか、何の種なのかわからなくなる。 ・・・そんな種を、今日は頑張って種まきポットにま…

芽吹き 3様

ふくぶくと吹いて膨れろ草芽ぶけ 3月の光はやっぱり強くて暖かい。 この日射しをうけて、草の芽たちもどんどん膨らんで土から顔を出してくる。 これはヤブレガサ。もう少し経てば名前のとおりの姿をした葉を開いてくる。まだ傘をたたんだ状態だが、いかにも…

「震洋」特攻艇の格納庫跡を訪ねる(清水の三保)

草枯れて戦跡埋ずむ三保の浜 (一番目立ち大きい格納庫) 清水の三保は羽衣の松、白砂清松と富士山の景観で親しまれ世界遺産となっている。だが、ここに80年前の戦争遺跡が残されていることは、私も知らなかった。 先日、ふと目にした児童用の静岡市の歴史の…

ツバキ「玉之浦」の子ども

赤白に競ひて散りぼふ椿かな (今年の花はまだ来ないので、2年前のもの) 「玉之浦」という椿は、紅色の花弁に白い縁取りが鮮やかな美しい花で、かつては好事家垂涎の的だったらしい。我が家の庭にも一本あり、園芸花木には興味のない私でさえ、花の時季に…

光岳小屋・・・想いだすこと

ラジオをかけたら、最近新たに光岳小屋の管理者になったという女性がゲスト出演していて、色々な話をされていた。40年ぶりに管理者が交代し運営形態も変わったと報じている。若々しい大変明るい女性で、開業を11月まで延長したり、ランチを提供するというよ…

水鳥の幾種かを

水鳥は哀しくもなし波のまま 近くの沼のぐるりを歩いた。ゆっくりで小一時間はかかった。この時季は野鳥がたくさん見られる。けれど残念ながら私は鳥には全く目が利かない。 白鳥くらいは分かるが、コハクチョウかオオハクチョウかは、よく分かっていない。 …

桜とピンクのマラソンランナー

寒村に緋寒桜や長屋門 大阪女子マラソンで前田穂南さんが、2時間18分59秒で走り日本記録を更新した。野口みずきさんの記録を塗り替えるのは19年ぶりだという。世界レベルにはまだまだ差があるが、驚異的な速さと持久力だ。 テレビ放映では音がよく伝わって…

南天といえばヒヨドリ

鵯(ひよ)の口 南天の実の赤々と ここ数日、庭の南天にヒヨドリが来て赤い実をついばんでいく。5,6羽でくると賑やかというよりピーピーとうるさいこと甚だしい。枝は細いが揺れながら上手に止って1個、2個と啄む。小さい鳥は一つ啄むと飛び立っていく…

春が隣りまで

梅の香やほのかに寒肥も混りたる 近くの日当たりのよい山すその梅が、もう満開と言っていほど咲き誇っている。春がもう近くまで来ているようで、今日も「春隣り」という季語を実感させてくれる陽気。 寒とはいえ今年は暖冬で、ここ静岡は(私の家では)まだ…

世界遺産 三保の松原と御穂神社初詣

初富士や駿河に寄する波の花 (三保の浜から暮れ近き富士山) 初詣は元日の午後、清水三保の御穂神社に詣でた。 言うまでもないが三保の松原と富士山の景勝は世界遺産。浜には初日の出を見ようと多くの人が集まってくる。車は大渋滞する。私が訪れたのは午後…

がんばれ!富士山女子大学駅伝

女子駅伝 海から富士へ駆けあがれ 年末恒例のイベント、富士山女子駅伝を見にいった。 自宅から会場の富士市まで約30キロなので、私としては大学駅伝を見ることができるいい機会だ。今日は快晴で富士山もよく見える。気温は観客日和でポカポカ。風もない。 …

さむい散歩道ー2 

不思議だ あなたに肉体があるとは 三木卓 詩人で作家の三木卓さんが去る11月に亡くなられた。静岡市にある静岡高校を卒業されており、最近まで地元の静岡新聞にもよく記事を寄せられていて県民にもなじみが深かった。しかし私はまったく三木さんの作品を読ん…

さむい散歩道ー1

裸木やほらほらこれが僕の骨 この数日の木枯らしで葉が吹き飛んで、文字通り裸木になってしまった。「ほらほらこれが僕の骨」は、中原中也の詩のパクリ。 ホラホラ、これが僕の骨だ、生きていた時の苦労にみちたあのけがらわしい肉を破って、しらじらと雨に…

船上げ木遣りと童謡(文化祭の歌で思ったことなど)

(静岡 用宗漁港) 先日、地区の生涯学習センター(公民館)で文化祭が催され、私も参加して下手な民謡を唄った。私が唄ったのは、「静岡船上げ唄」(船上げ木遣り唄)というタイトルがつけられたもので、大声で音頭をとる木遣りである。お囃子は櫓をこぐ雰…

帰り花・・・子規と良寛と雑感

蜜すこし蝿を寄せたる帰り花 鉢に植えたヒメユウスゲが咲いた。なんと12月、大雪のこの時季にである。目に飛び込むような鮮やかなレモンイエローの花弁。花茎がほとんど伸びていないため、花は地面から突然咲き出している。転がっているように見える。葉は余…

白山、立山、富士山 = 三禅定とは

木枯しや吹き上げて消ゆ富士の嶺 富士山が世界遺産に登録されて10年。これにちなんだ「三霊山学術フォーラム」という静岡県主催のイベントがあり、先日聞きに行った。 三霊山とは、立山、白山、富士山をいう。ご存じの「風の盆」の唄、越中おわら節の後囃子…

草紅葉いろいろ

土もまた滅びを詠う草紅葉 これはタコノアシ(タコノアシ科) まるでゆでだこの足の吸盤に見えるところが面白い。素晴らしい赤。沼地や休耕田などに生えていて、いいアクセントになる。遠景は富士山。 これはタウコギ(キク科)たんぼにしばしば見られる草で…

セイダカアワダチソウの昨今(キク科)

泡立草美し 瑞穂のど真ん中 セイダカアワダチソウの黄色い風景は、もう見慣れてしまって驚くこともなくなった。むしろこれが無かったら秋の風景が寂しいとさえ思われる。それはセイダカアワダチソウが、爆発的に繁茂した頃と比べて幾分数が減り、風景全体で…

クマも狂うか

ウクライナ ガザに続いてクマのこと (「北越雪譜」の「熊人を助く」の挿絵 これは牧之自身の筆になる 国立国会図書館資料から) あちこちでクマが出て、ニュースになっている。 今年の人的被害は最高になるのではないか。昨日も北海道で死亡事故があった。…

サクラの狂い咲きがすごい

公園は子ら騒ぎゐて狂い花 (河津桜の帰り花) 「桜が咲いている」 という話を聞いて、出かけてみた。近くの沼のほとりの河津桜である。 行ってみて驚いた。びっくりするほどたくさん狂い咲きをしている。1、2輪なら微笑ましくもあるが、まるで春先のよう…